タグ別アーカイブ: 断熱

過ごしやすくなった季節にこそ断熱・遮熱施工を

断熱塗料ガイナで冬の寒さ対策

それぞれ設置・塗り替え(塗装)と種類が違うものなので堅実な適材適所的な判断が必要ですが、既存(既に建っている)の住宅の夏の室内の暑さと冬の室内の寒さに対して、遮熱・断熱で対応する事で改善出来るという事が少しずつ広まっているかと想います。

都会・都心に比べ、背の低い住宅で暮らす確率の高い地方では当然屋根部分の面積がマンション等に比べ相対的に高いので、夏は当然室内温度の上昇や不快感が増しますし、雪が降るほどの寒い冬の日はまるで直に外気の低い温度が伝わってきているのではないかと感じる事も、特に木造住宅等では当たり前の様にあるのではないでしょうか。

室内の空調も効率的

ガイナで冬の寒波・寒さ対策 (http://www.monji.co.jp/guide/gaina.html#winter)

平成24年も9月に入り幾分過ごしやすくなりましたが、暖かいというイメージのある九州福岡は、例えば東京などと比べても冬季の降雪の頻度・確率が高く、冬の寒さは東京よりも厳しいと感じていらっしゃる方も多いくらいです。最近の話でいえば、特に今年の1月2月の寒さに参ったという方も多いことでしょう。

例えば、夏の暑さのピークにリフレクティックスで遮熱施工をするのと熱くなる前にしておく場合、冬の寒さが身にしみる季節に断熱塗料ガイナで対策をするのと過ごしやすい秋のうちに対策する場合、費用対効果や満足度でどちらが勝るかと言えば、それは言わずもがなということになるでしょう。

過ごしやすさを感じる季節にこそ、次の季節への対策を是非ご検討下さい。節電・省エネ効果も捨てがたいものがあります。

既にテーマになり始めた夏の遮熱

例年以上の寒さにも関わらず、暦は進み3月に入りました。ニュースの記事をインターネットで拝見していると、夏の遮熱がテーマになりつつある雰囲気があります。

分類としてはざっくりですが、大きく2つ。

主に屋外の熱気・冷気を遮る遮熱と、熱が伝導や対流・更には放射によって伝わるのを防ぐ断熱です。

特に昨年からの電力不足を考慮すると、電力を消費しない若しくは消費電力を下げてくれる効果が見込める意味も大きく、当然既築の邸宅に追加出来る事が条件となります。

国・自治体の助成金等も普及には大事かと思われますが、一般の邸宅に当たり前に遮熱・断熱の機能が強く備わっている状態を思い浮かべると、そこには多面的なメリットこそあれ、デメリットはなかなか思い浮かびません。

デメリットが特に無いと書くと、それはどうなのだろうと考えてしまう方も多いと思います。気になる方は、遮熱材を利用した場合の温度差異の測定等を過去に行なっていますので、是非ご相談下さい。

瓦屋根施工 瓦屋根修理 遮熱材 リフレクティックス設置 屋根の工事なら
福岡の門司洋瓦
 http://www.monji.co.jp/