タグ別アーカイブ: 太陽光

はっとされた方は門司洋瓦にご相談のお電話を。

いきなりですが、最近は本当に太陽光発電パネルを設置しているお宅が増えました。

門司洋瓦は福岡県は遠賀郡水巻町にあるのですが、水巻の町の家々の屋根を眺めてみると戸建住宅の屋根に太陽光発電パネルが設置されている率が、見た目でわかるほどに増えている事に気付かされます。

ところで話は変わりまして私事ですが、以前よりiPad2を購入して今でも毎日愛用しています。その中に有名なGoogle Earthというアプリがあります。地球全体を俯瞰で見る事が出来るご存知の方が多いあのソフトです。ちなみにGoogle Mapsもなかなかの使い勝手で同じように街並みまでよく見えるのでお勧めです。

そこで予想の通りかと思いますが、福岡県は遠賀郡水巻町のよく知っている風景を見てみると、知っているあの家もこの家も付いているはずの太陽光パネルが見当たりません。

地図には2011年のゼンリンのデータと記載があります。勿論今年は2011年です。

ということは、わずか1年にも満たない間に太陽光発電パネルがこれだけ多く設置されたのかと、驚かされます。

皆さんも近所の家々の屋根を見た後で、Google Earthを見てください。

はっとされた方は門司洋瓦にご相談のお電話を。

屋根の事、太陽光の事、助成金に関してなどなど親身にご対応致します。

株式会社門司洋瓦 福岡県遠賀郡水巻町下二東二丁目3番7号
TEL(093)201-6331 FAX(093)202-0079

瓦屋根施工 瓦屋根修理 遮熱材 リフレクティックス設置 屋根の工事なら
福岡の門司洋瓦
http://www.monji.co.jp/

「宮崎県、県産太陽電池を支援,太陽光パネル設置で補助金を増額」の記事を拝見しました。

宮崎県が住宅用太陽光発電システム設置支援事業で、“県産”太陽電池を応援するとの記事を拝見しました。県内に主力拠点を置く昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティア製システムを優遇するとの事です。

東日本大震災の大規模な被害から、電力不足が毎日のようにテレビや新聞で議論されています。その中で私たちが忘れてはならないのは、単純な電力不足の解消ではなく、全体の復興を強く意識し、国内・地元の企業が活発に活動出来る状況を創り上げていく事ではないでしょうか。

私たちが生活している日本国内は、まるで神経系の様に物流ネットワークが張り巡らされ、その恩恵が基となり普段の生活の物資が当たり前に手に入る日常が確保されてきました。東日本大震災発生直後から幾分は回復してきたとは言え、特定の商材が未だに手に入り難かったりというケースは多くあります。

東日本の被災者の方々をサポートしたいという気持ちの部分と、広範囲の被害により西日本で生活する私たちにも少なからず影響が発生している点は、非常に深い関連性があります。勿論、別々の要素に起因するものでもありません。

例えば片足を怪我した時、私たちは意識せずに怪我した箇所をかばう様に歩きます。そこで大事な事は、もう一方の足を決して怪我をさせてはならないという事です。怪我をかばう行為は怪我をしていない他の箇所に負荷を分散させる行為です。

今回の東日本大震災後の復興の停滞には、被災地が広範囲に及ぶ事や政府の決定が遅い等、多数の原因がある様に思います。もしかしたら気が付かない間に、怪我をしていない箇所の動きが鈍くなっていたなんて事になってはいないかと考えることもあります。

今回の記事を拝見して、自治体の国内・県内をサポートする判断に賛成すると同時に、如何に出せるカードを上手く使うか・使わなければならないのかという論点で、近しい人達と一緒に話し合う事が必要ではと改めて感じました。

単なる「頑張ろう」では乗り越える事が難しい時は、先ず議論ではないでしょうか。そして、提案も議論の一つの形態です。門司洋瓦でも、私たちのこだわる屋根や遮熱で、特にこの夏に貢献出来る部分が多くあるのではと判断しています。そして、これまで以上に前向きな提案を継続していかねばと考え、本日も元気に動いています。

瓦屋根施工 瓦屋根修理 遮熱材 リフレクティックス設置 屋根の工事なら
福岡の門司洋瓦
 http://www.monji.co.jp/

自然エネルギー普及政策への高まる関心

菅直人首相が、2020年代を目標に発電電力量に占める太陽光発電などの割合を大幅に引き上げるなどの構想について言及し、所謂自然エネルギーの代表格として、太陽光発電が関心を集めているようです。

具体的な戸数に関しては、政府の方針や実行力が主導する部分が多くを占めるということも事実ではあります。ですが、既存の主力のエネルギーの代替として即成り立つか否かというという事ではなく、全体の中で今ままで以上に自然エネルギーの割合が増す結果となれば、現在の議論よりも具体性を持った理想の形が見えてくるのではないかと思います。

自然エネルギーに関する記事の中で、これまでには聞くことがなかった企業様のお名前を知ることも増えてきました。競いあう環境の中でより良いサービスや製品が生まれてきた日本の歴史を顧み、厳しい状況の中であってもその先に展望を見出す事も大きな可能性があると、厳しい現在も多くの方が考えていらっしゃるのではと感じざるを得ません。

参考記事
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20110530/ecn1105301107000-n1.htm

瓦屋根施工 瓦屋根修理 遮熱材 リフレクティックス設置 屋根の工事なら
福岡の門司洋瓦
 http://www.monji.co.jp/

太陽光発電システムの補助金と売電倍増について

 太陽光発電システムを導入したいけれど、メリットがあるの?とお考えの方に是非お伝えしたいお知らせです。

平成22年度補正予算分補助金は予算額に達した為、補助金交付に関しては平成23年度分が今月半ばくらいに公開される見込みのようですが、では平成22年度の補正予算からの太陽光発電システムへの補助金の額を参考したいという方も多いですので、改めてこのブログ記事でお伝え致します。

<平成22年度補正予算分>

新たな設置により、設置システム1kWあたり7万円の補助金の交付(公称最大出力10kWが補助金の対象上限)があり、また、太陽光発電固定価格買取制度が開始され、売電単価がほぼ倍増の25円⇒48円(1kWhあたり)に増額と家計にとっては非常に助かる制度です。

弊社、株式会社門司洋瓦は40年間以上、屋根工事、外装工事に携わっています。また太陽光発電システムの普及に伴い、設置工事件数が増加しています。弊社では、瓦屋根診断技士(全日本瓦工事業連盟加盟)がプロの目で診断し、最適な屋根リフォーム、太陽光発電システムのご提案をさせて頂きます。この機会にぜひご検討下さい。

瓦屋根施工 瓦屋根修理 遮熱材 リフレクティックス設置 屋根の工事なら
福岡の門司洋瓦
 http://www.monji.co.jp/

はっとされた方は門司洋瓦にご相談のお電話を。

いきなりですが、最近は本当に太陽光発電パネルを設置しているお宅が増えました。

門司洋瓦は福岡県は遠賀郡水巻町にあるのですが、水巻の町の家々の屋根を眺めてみると戸建住宅の屋根に太陽光発電パネルが設置されている率が、見た目でわかるほどに増えている事に気付かされます。

ところで話は変わりまして私事ですが、以前よりiPad2を購入して今でも毎日愛用しています。その中に有名なGoogle Earthというアプリがあります。地球全体を俯瞰で見る事が出来るご存知の方が多いあのソフトです。ちなみにGoogle Mapsもなかなかの使い勝手で同じように街並みまでよく見えるのでお勧めです。

そこで予想の通りかと思いますが、福岡県は遠賀郡水巻町のよく知っている風景を見てみると、知っているあの家もこの家も付いているはずの太陽光パネルが見当たりません。

地図には2011年のゼンリンのデータと記載があります。勿論今年は2011年です。

ということは、わずか1年にも満たない間に太陽光発電パネルがこれだけ多く設置されたのかと、驚かされます。

皆さんも近所の家々の屋根を見た後で、Google Earthを見てください。

はっとされた方は門司洋瓦にご相談のお電話を。

屋根の事、太陽光の事、助成金に関してなどなど親身にご対応致します。

株式会社門司洋瓦 福岡県遠賀郡水巻町下二東二丁目3番7号
TEL(093)201-6331 FAX(093)202-0079

瓦屋根施工 瓦屋根修理 遮熱材 リフレクティックス設置 屋根の工事なら
福岡の門司洋瓦
http://www.monji.co.jp/