タグ別アーカイブ: 大井俣窪八幡神社

半世紀ぶり檜皮ぶき屋根葺き替え の記事を拝見しました。

門司洋瓦です。

残暑厳しい2011年の夏ですが、皆さまは如何お過ごしでしょうか。関東や中部地方と比べると比較的に過ごしやすい福岡の夏ですが今年は非常に暑く、日本列島全体がまんべんなく例年以上の猛暑・酷暑に見舞われている印象です。まだまだ暑い日が続きますので、効果的な休憩や過ごしやすい環境での出来る限り無理なくお過ごし頂ければと願うばかりです。

さて本題へと移ります。

記事タイトルにもございますが、半世紀ぶり檜皮ぶき屋根葺き替え の記事を拝見しました。

山梨市北の大井俣窪八幡神社が、約50年ぶりに檜皮ひわだぶき屋根の葺き替え工事をしている、とのことです。21日には修復工事見学会を開き、約半世紀ぶりに職人の手で行われる工事を間近で見ることができる機会を設けられると記事にあります。

窪八幡
写真は大井俣窪八幡神社のWebサイト(http://kubohachiman.com/)を参照しています。

ちなみに、「葺き替えとは既築住宅向けの施工。葺いてある瓦(設置されている瓦)を取り替える工程・行為を指す言葉」です。(リンク先は門司洋瓦Webサイト内葺き替えとは?のページです。)

工事は3カ年計画で、2013年完成予定と言うことで、長期の施工であり当然その間熟練の職人の方々が高い集中力を持って当たられる事と思います。

大井俣窪八幡神社は、国内の現存する社殿の中では最大級の建物。機会があれば是非とも施工も併せて拝見させて頂きたいと思います。

瓦屋根施工 瓦屋根修理 遮熱材 リフレクティックス設置 屋根の工事なら
福岡の門司洋瓦
 http://www.monji.co.jp/