伊豆本店にて

izu-honten130117

昨日、宗像市の酒蔵「伊豆本店」にて伊豆社長とお話させて頂く機会を頂きました。

米と水について、永い歴史の中起こった話、「乾杯」についてなど、とても多くのことをお話頂きました。

勿論、今回のお話頂いた内容や撮影させて頂いた写真など、後日、門司洋瓦ホームページにて専用ページを設けて公開させて頂きます。近日中に公開・ご案内させて頂きます。とても充実した内容になると確信しています。是非皆様ご期待下さい。

太陽光パネルの発電量をネットで目安表示

東京都が太陽光発電の普及への手段として、どのくらい発電出来るかを建物所有者が知る事が出来る「ソーラー屋根台帳」を開発するとの事です。

家ごとの太陽光発電量、ネットで目安表示 東京都[日経.com]

都内の全ての建物を対象とするという事で、かなり意欲的な試みだと思います。

ですが、この様な試みは地方、例えば福岡県であったり九州各県の方が効果が高いのではという気もします。色々なシーンで先頭を走る事が多い東京都の試みですが、この国内での初の試みを是非福岡県が追従して欲しいと思います。

ご挨拶

今年も残すところあとわずかとなりました。

2012年は皆様にとってどのような年でしたか。

先の選挙で、再び自民党が政権を担うことになり、来年はビジネスの環境においても様々な変化が予想されます。

住宅業界は、先の消費税増税を見据えてより一層活発なものになるでしょう。

私共もその変化に柔軟に対応し、より皆様のお手伝いができるよう、様々なチャレンジをしていきたいと考えております。

来年も門司洋瓦をどうぞよろしくお願い致します。

シャープ、瓦型太陽電池モジュールを販売へ

2012年は各種メディアでシャープの話題が挙がる事が非常に多かった年でしたが、「屋根全体と調和する瓦型単結晶太陽電池モジュール」を販売開始されるということで非常に注目です。

瓦型単結晶太陽電池モジュール

シャープ社は平板瓦と美しく調和し、従来機に比べてモジュール出力を約10.5%アップした瓦型の単結晶太陽電池モジュールを2機種を発売するということで、屋根全体をかなり効率的に活用出来る事が期待されます。

見た目も非常に洗練された印象の太陽電池モジュールなので、これは特に太陽光発電パネルの設置で家自体の景観が変わる事で一歩踏み出せない方になど、多くの方にとって魅力的な製品として認知されるのではと予想されますね。

門司洋瓦が提案している安全な太陽光パネル設置工事について

瓦

幾分専門分野のお話になりますが、屋根と瓦の工事の分野には一般社団法人 全日本瓦工事業連盟(通称:全瓦連)という信頼できる瓦工事業者の全国団体があります。勿論、門司洋瓦も加盟しているのですが、全瓦連では最近特に話題の太陽光パネル設置工事について、施工の品質向上の確保を目的としたガイドラインを提起してます。

瓦業界が考える発電システム工事のポイントとは

  • 施工品質の向上
    • 防水性:既存の屋根材への設置が雨漏りの原因となる場合があり、屋根・瓦の施工を熟知した職人が適切な取り付け工事を行う事が必要。
    • 耐震・耐風性:地震や耐風によって発電パネルが不安定な状態に陥る事や脱離しないように確かな工事が必要。
  • 設置工事の事故防止:屋根を始めとする高所での作業経験を要する施工においては、充分に経験を積んだ作業専任者が工事を担当する事が適切。
  • 既存住宅にシステムを設置する場合の留意:既存の住宅の屋根の状態を適切に判断(補修が必要か否か)を事前に診断する事が重要。

太陽光パネルは10年~15年の設置後運用を前提にご計画される方が多いかと思います。長い期間皆様が過ごす建物の屋根に設置する事になる太陽光パネルについては、工事技士の資格や瓦屋根診断技士の資格を持つ者が判断・施工する事が重要であると門司洋瓦もご提案しています。

古い瓦を演出アイテムとして

一つ一つの形状・色合いが美しい和瓦は演出アイテムとして再利用する事でまた違った魅力を発揮します。

  • 割った瓦とタイルの組み合わせ
    割った瓦とタイルの組み合わせ
  • 桟瓦を縦に埋めた模様
    桟瓦を縦に埋めた模様
  • 丸い瓦を利用した模様
    丸い瓦を利用した模様
  • ポイントカラーでアクセント
    ポイントカラーでアクセント

例えば瓦を葺くのではなく、敷くだけでも上の様なバリエーションがあります。

博多塀や茶室として利用、桟瓦・巴瓦などを用い茶器の趣きを実現するなど、お客様の想像力をかきたてる豊かな雰囲気つくりにとても有用なものとしてお勧めできます。

低価格高品質な太陽光発電パネル導入 [個人様向けプラン]

ルーフリース・屋根レンタル

屋根に太陽光発電パネルを設置するのは、地方都市を中心とした戸建住宅の多い地域で特に現実的な選択肢とあるものだという話があります。言ってしまえば当たり前ですが、屋根のある家に住んでいるからこそ自宅の屋根に太陽光発電パネルを置くか置かないかという選択肢が生まれる訳ですね。

太陽光パネルのパフォーマンス

太陽光発電パネルも世界に誇る日本の高い技術・品質のパネルから、コストパフォーマンスで勝負できるくらいに性能の上がってきた海外勢パネルまで様々あります。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

今年2012年7月から始まった再生可能エネルギー法による固定価格買取制度の開始に加え、太陽光発電保証協会の特別導入支援補助金制度による実質負担ゼロ支援など、イニシャルコストと10年を目処とした長い期間でのプランニングに対するコスト・心理的障壁も随分と解消されてきています。

太陽光を浴びる有効なスペースを発電のスペースにお考えの方、ご興味のある方、是非門司洋瓦にご相談下さい。疑問の解決は勿論、メリットや導入のコスト軽減についてなど、親身にご対応させて頂きます。

屋根レンタル事業「ルーフリース」のご提案

屋根レンタル事業(ルーフリース)に関するページが新設されました。

経済産業省 固定価格買取制度と実質負担ゼロの太陽光発電システム導入のブログ記事にも関連する内容なのですが、門司洋瓦が力を注いでいるエコロジー関連の事業案内としてロハスグループのルーフリースのプラン案内のページを新設しました。

屋根レンタル事業「ルーフリース」のご提案

現状での新設ページ(上記)は一定程度以上の面積を有する折板屋根を有する企業向けという形ですが、個人様の邸宅向けについてもご案内の予定です。更にお客様視点にこだわったサービス・案内に努めます。

屋根レンタル事業「ルーフリース」のご提案

経済産業省 固定価格買取制度と実質負担ゼロの太陽光発電システム導入

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

余りにも世の中で色々なニュースが溢れているので見逃す事もありますが、本年2012年7月から始まった再生可能エネルギー法による固定価格買取制度の開始が着実に多くの方にご認識頂いている流れにあります。

とても大きな長期の目標として脱原発というキーワードが新聞等各紙面やテレビ番組で目にしない事はありません。そんな中、東日本大震災の発生した昨年2011年度のLNG(液化天然ガス)の需要増大とそれを上回るLNGの価格高騰は、結果としてこれまでに充分に着目されていなかった発電方法として改めて見直され、これまでなかった取り組みが必要となっています。

そこで代替もしくはその支えとなる再生可能エネルギーとして、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電等が名を挙げられています。

2012年7月から始まった再生可能エネルギー法による固定価格買取制度の開始に加え、太陽光発電保証協会の特別導入支援補助金制度による実質負担ゼロは太陽光発電システムの導入に興味関心をお持ちの方への大きなニュースです。

門司洋瓦でも太陽光発電パネル設置については対応して参りましたが、より積極的に再生可能エネルギーとしての太陽光発電に力を入れる様になりました。各種制度や補助金についてなど、気になる方も門司洋瓦に洋瓦にお問い合わせ下さい。屋根に設置する太陽光発電パネルだからこそ、屋根のプロフェッショナルである弊社は積極的に皆様の視点を意識し対応させて頂きます。

参照【経済産業省 資源エネルギー庁】
取制度 買取価格・期間等 | なっとく!再生可能エネルギー

100年ぶりの修理進む正倉院 2回目の一般公開

約100年ぶりの修理が進められている奈良市の国宝・正倉院(8世紀中ごろ)の一般公開

正倉院修復風景

先日宮内庁が、約100年の修理が進む奈良市の正倉院正倉の屋根瓦の下地が、大正時代に瓦を全面的に新調した西側で腐食が進んでいたと発表していたという記事もありますし、修復に関しては歴史ファンのみならず多くの方が関心を持っていらっしゃる様です。是非無事に見事な姿を今後も永く維持して欲しいと感じますね。

一般公開に運良く参加出来た方々は瓦が下ろされた正倉院の屋根の様子を間近に見学出来たということで、しかも100年ぶりの修復ということもあり見る機会があればと思いますが、さすがに次が100年後だと無理ですね。それにしても正倉院は凄いですね。日本の歴史建築のここまで永く建っている丈夫さ・力強さとメンテナンスが可能なメカニズムは心から他意なく素晴らしいものだと感じれるものですね。