経済産業省 固定価格買取制度と実質負担ゼロの太陽光発電システム導入


再生可能エネルギーの固定価格買取制度

余りにも世の中で色々なニュースが溢れているので見逃す事もありますが、本年2012年7月から始まった再生可能エネルギー法による固定価格買取制度の開始が着実に多くの方にご認識頂いている流れにあります。

とても大きな長期の目標として脱原発というキーワードが新聞等各紙面やテレビ番組で目にしない事はありません。そんな中、東日本大震災の発生した昨年2011年度のLNG(液化天然ガス)の需要増大とそれを上回るLNGの価格高騰は、結果としてこれまでに充分に着目されていなかった発電方法として改めて見直され、これまでなかった取り組みが必要となっています。

そこで代替もしくはその支えとなる再生可能エネルギーとして、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電等が名を挙げられています。

2012年7月から始まった再生可能エネルギー法による固定価格買取制度の開始に加え、太陽光発電保証協会の特別導入支援補助金制度による実質負担ゼロは太陽光発電システムの導入に興味関心をお持ちの方への大きなニュースです。

門司洋瓦でも太陽光発電パネル設置については対応して参りましたが、より積極的に再生可能エネルギーとしての太陽光発電に力を入れる様になりました。各種制度や補助金についてなど、気になる方も門司洋瓦に洋瓦にお問い合わせ下さい。屋根に設置する太陽光発電パネルだからこそ、屋根のプロフェッショナルである弊社は積極的に皆様の視点を意識し対応させて頂きます。

参照【経済産業省 資源エネルギー庁】
取制度 買取価格・期間等 | なっとく!再生可能エネルギー