気象庁の最高・最低気温分布予想


暑い日が続いています。本日は平成24年7月27日なので、これからのお盆やそれ以降の残暑を入れるとまだまだ一ヶ月間以上は夏の日差しの下、暑い気温の空間で過ごすことになります。

暑い日には熱いお茶を飲むと良いなど、昔はよく聞いた感じの事は最近は聞かない気がしますがどうなのでしょう。10年前20年前より実際に暑くなったのかはなんとも判断しきれませんが、気象庁の最高・最低気温分布予想ページを覗いてみると見事に「真っ赤」なので、やはり温暖化傾向にあるのかもしれません。

九州地方(北部): 日中の最高気温
こちらは九州地方(北部): 日中の最高気温(℃)。

九州地方(北部): 朝の最低気温(℃)
こちらは朝の最低気温。最低が25℃以上なのでやはりこれはといった感じですね。

更に忘れてはならない節電の夏

暑いですよね。で終わらないのが節電・省エネが課題となった日本中の問題です。さすがの暑さなのでテレビでは効率的なエアコン等での室内温度の調整をするようにと流れていたりする訳ですが、節電やら熱中症予防・対策もしないといけない等、もうどうしたらバランスが取れてるのかわかる方の方が少ない気がします。

リフレクティックス施工風景

となると、当たり前の事に辿り着くのですが、室内は効果的に外気温を遮断しなければ、室内温度を調整する為の電気の消費量はある程度以上は削減出来ないということです。つまり、今日室温を調整する為に電気を使っても明日の室温には関係無いという事です。同じコスト(電気≒お金)を使うなら明日にも明後日以降にも有効な使い方をした方がお得ということですね。

門司洋瓦ではリフレクティックスを始めとする遮熱材、JAXAでも認められた断熱塗料ガイナ等、様々な提案・施工の実績があります。暑い夏はまだまだ続きますので、いったいどういったものなのか等お気軽にお問合せ下さい。