豪雨一過


福岡で暮らしていると九州の中でも最北端のせいか、所謂南九州とは台風や大雨の状況が大抵の場合異なるせいか、大雨や洪水と聞いてもあまりピンとこない感じがあるといった話を耳にしました。たしかに言われてみるとそういった要素があるなと妙に納得してしまう部分が多くの方にあるのではないでしょうか。

ですが、今回の大雨で特に遠賀川や紫川の映像を見て自然の脅威と相対しているのは、どの様な場所であっても同じなのだと考えさせられた方もまた多いかと思います。

何日もの間強い雨に晒されて屋根から雨漏りといった事もあるでしょうし、雨が引いてから自宅敷地内のぬかるんだ箇所に気付きはっとされた等といった事もあるかと思います。

備えあれば憂いなしと言いますが、そのきっかけになればこの度の大雨や洪水の経験も糧になるかと思います。