屋根の遮熱・遮熱材リフレクティックス設置案内

トップページ > 屋根の遮熱・遮熱材リフレクティックス設置案内

最新の宇宙産業から生まれた遮熱材リフレクティックス

リフレクティックスで光熱費63%削減

アメリカのリフレクティックス社が持つ「優れた反射技術」は、超高熱環境で使用する宇宙船及び宇宙服の反射絶縁材料として宇宙産業に採用されました。以来、様々な技術を駆使し、進化し現在あるシンプル構造体のリフレクティックスが完成しました。

夏の暑さの原因 屋根からの輻射熱を99%カット!

リフレクティックスで夏の暑さの原因 屋根からの輻射熱を99%カット

一般的な断熱材の「反射率は10%」と低く真夏の猛暑には太刀打ち出来ません。特に太陽光を直接浴びる屋根には、熱反射率99%の性能を持つ遮熱材リフレクティックスが効果的です。

日常生活を止めない門司洋瓦のリフレクティックス取付工事

門司洋瓦のリフレクティックスを始めとする遮熱材の取り付け工事は、太陽を直接受ける建物の屋根部分へアプローチする遮熱工事です。

建物内部に入って工事するのとは違い日常生活を邪魔せず、しかも短期間で完了する工事なので、小さなお子様やご高齢の方がいらっしゃるお家でも安 心です。勿論設置後すぐに遮熱効果を発揮します。

※遮熱材リフレクティックスはアメリカ合衆国のリフレクティックス社の商品です。株式会社門司洋瓦はリフレクティックスの日本国内の総輸入元の佐武社より特約代理店として提供を受け、自社で施工対応を行なっています。

株式会社門司洋瓦は、地元福岡から遮熱による快適な室内空間創りと省エネを力強くバックアップしています。

リフレクティックス取付工事の特徴
宅内工事の有無殆どの場合において必要ありません。
リフレクティックスの維持費用遮熱効果を発揮する為に電気・電力を使用しないので、
追加の維持費用等は必要ありません。
既築住宅への取り付けは可能?建物の屋根・外壁部分への取付工事ですので、
築5年、10年…と経過していても取り付ける事が出来ます。

遮熱材リフレクティックスと断熱材の比較

リフレクティックスと断熱材の比較グラフ

多くの建築で使われてきた断熱材は熱の伝わる速度を遅くする効果を持ちます。断熱材が熱伝導を遅くしても熱を吸収しているので、時間の経過と共に室内の温度は上昇してしまいます。遮熱材リフレクティックスは輻射熱の約99%を反射・遮断しますので、夏場、屋外の温度が室内に伝わりにくくなり快適に過ごすことが出来ます。

既築の建物に短期間で施工出来ます。

リフレクティックス01

毎年、夏場になると電力不足と省エネのニュースを耳にします。夏場はエアコンによる電力使用量が気になるところですが、実際に採用可能な節電へのアプローチは多くありません。

扇風機や通気だけでは対策が不可能なパソコン等の事務機器を多く利用する事務所内や、多くの機械を動かす工場内等、建物内の活動を妨げず非常に短期間で施工が完了する遮熱材設置をお勧めします。

遮熱材は電気代などのランニングコスト不要です。

リフレクティックス施工風景近景

エアコン等での温度調整は当然ながら電気料金のコストが継続的に発生致しますが、遮熱材の敷設は一度の施工で長期間遮熱効果が持続し、勿論電力やその他のランニングコストを必要としません。

また、高層ビル等と比べ背の低い一般の邸宅や店舗や工場は、相対的に屋根部分の比率が高く、屋根部分へ遮熱材を敷設する事で高い遮熱効果が期待出来ます。

遮熱に関するご提案のページ(門司洋瓦ブログ内)で弊社にて実験を行った一例を掲載しています。

気温が33℃の真夏日、屋根の温度は70℃を超える高温状態です。

リフレクティックス施工風景近景

夏場9月中旬くらいまでは残暑が厳しいのがここ数年の傾向です。

気温が30℃を超える真夏の屋根の温度は直接触ると火傷をする程の高い温度を持っています。更にその非常に高い温度は「高い方から低い方へ流れる」という熱移動により温度の低い室内を目指します。

リフレクティックスを始めとする遮熱材を設置した屋根は熱移動による電磁波を反射します。その結果、高い遮熱効果を持続的に発揮します。

門司洋瓦は遮熱材「リフレクティックス」の特定代理店です。

門司洋瓦は遮熱材「リフレクティックス」の総輸入元である佐武社より認定を受けた特定代理店です。門司洋瓦は機能や効果と同じくらい重要な価格面でも安心頂くため、営業努力を重ねています。

お客様の環境に合わせた提案でこれまで多くのお客様のご要望・課題を解決してまいりました。特に福岡・九州の各県の屋根の遮熱は門司洋瓦に是非ご相談下さい。

リフレクティックスの遮熱効果の信頼度

リフレクティックスは99.999%の高純度アルミをシート両面に使用のため、冬の冷輻射熱、夏の暖輻射熱を防御すると同時に室内の暖冷気を外に逃がしません。

さらに、信頼・安心出来る情報として

米国環境庁エネルギースター計画推奨品
国土交通省不燃認定品(NM-0838)
環境省業務部門二酸化炭素削減モデル事業の採用品
環境マテリアル推進協議会推奨遮熱材
遮熱工法特許 第3962057号
米国二酸化炭素削減補助金対象商品 など

アメリカ・日本国内で着実に存在感を増しています。

輻射熱カットで効果的な遮熱を実現

リフレクティックス11

外気36℃以上の中、太陽の光を直接浴びると熱気で息が詰まる程ですが、木陰に入るだけで涼しく感じます。

人の平均的な体温の36.5℃と比較すると、外気は5℃以上低い温度ですので、本来涼しく感じるはずです。ですが、暑く感じるのは太陽光の輻射熱(ふくしゃねつ)が直接体に当たって熱を発しているからです。木陰は輻射熱をカットしてくれているので、結果として涼しく感じます。

熱反射率99%のリフレクティックスは高い遮熱効果で快適な空間作りをサポートします。

夏の強い太陽光を直接浴びる屋根、寒い季節には冷気に一日中触れたままの屋根に遮熱の機能を追加する事で、家全体の快適性の向上を実現されたお客様が多数いらっしゃいます。

リフレクティックスの耐久性は様々なシーンに活用されています。

リフレクティックスの耐久性画像01

高気密・高遮熱住宅

屋根、壁、床と、建物全体をリフレクティックスで覆った住宅は、高気密・高遮熱住宅となり、市販の断熱材では不可能な快適空間を作り出すことができます。又、省エネルギー効果は絶大です。

リフレクティックスの耐久性画像02

床暖房システム

リフレクティックスを床下に一層張ることにより、床に放射された輻射熱の99%を反射し、足下、床全体を快適に保ちます。又、床下の湿気を100%カットし、細菌やカビの発生を防止します。

リフレクティックスの耐久性画像03

農業用

肉用動物の体重増加に及ぼす著しいストレス原因として、ブラックグローブ効果と呼ばれる自然現象があります。リフレクティックスではこれを阻止します。又、冬期はエネルギーの節約をもたらします。

リフレクティックスの耐久性画像04

ダクト・配管保温

ダクトやパイプをリフレクティックスで巻くことにより、熱損失、熱取得、空気の洩れを除去することができ、冷暖房費を大幅に減少することが可能です。吸水性ゼロの為、高圧洗浄機の洗浄も可能です。

リフレクティックスの耐久性画像05

シーフード・薬品等輸送箱

熱による品質の変化の心配のあるシーフード、薬品、精密機器、冷凍食品、野菜、等の輸送・保管に最適です。ダンボール等を密封すると、長時間箱内の温度を維持することができます。

リフレクティックスの耐久性画像06

ガレージ・プレハブ建物

ガレージの壁、天井に内貼りする事により、真夏の暑さを半永久的にカットしてしまいます。プレハブ建物では、革命的な遮熱ハウスが期待出来ます。

リフレクティックスは高純度のアルミ(99%以上)を使用しています。また、経年劣化も非常に少ないので屋根に遮熱材を設置した後は追加のランニングコストが発生しません。

「リフレクティックス」使用による屋根の遮熱工事例
遮熱に関する記事一覧(門司洋瓦ブログ内)

※様々な事例やご事情に対応する事を目的に効果・費用の異なるリフレクティックス以外の遮熱材もお取り扱いしています。複数の価格帯の遮熱材ラインナップにより、コスト・効果の二側面からお客様のご意向・邸宅等建物の状態に最も適した素材と施工をご提供しています。

※門司洋瓦は日本国内におけるリフレクティックスの特約代理店として、特に地元である福岡県から遮熱施工にもこだわり、お客様目線の提案から各種敷設工事までのトータルサービスに尽力しています。

※弊社は福岡県一円から北部九州、本州山口県までを現地調査・施工(屋根工事・遮熱施工・屋根診断等)の対象範囲とさせて頂いています。

トップページ > 屋根の遮熱・遮熱材リフレクティックス設置案内